• 松下

【コロナ時代の集客】個人店こそコンテンツマーケティングが最強





コロナ時代の集客に困る美容室、飲食店、服屋


「外に人が出ないからまともな集客ができない。対応策はホットペッパーやぐるナビに追加で広告費を払うしか選択肢が無い、、、けどたいした効果も期待できない。」





という、コロナ時代の集客に困る個人店の方にお勧めの記事です。


こんにちは令和新世代のTikToker、松下です。

この投稿だけでフォロワー1000人超えました。

服飾学生あるある


情報発信でTikTokをフックにするのはまじでお勧めです。


TikTokのAIはマジで化け物。フォローして無くても気に入った感じの動画を検出して

類似の動画がバンバン出てくる。




それはさておき、

もし今あなたが集客に困っていて、
その対応策として、掲載サイトに追加の広告費を払おうとしているのなら、
それはほぼ自殺行為です。


広告費に使うなら、パソコンとカメラを買ってください。




この記事の結論から言うと、


【オウンド(自社)メディア+SNS発信】が最強。


です。


しかしそう言うと、必ず


「手間がかかるんじゃないの?」


という話になりますので、それも先に答えると、「YES」です。


でも、だからこそ今やるべき最優先事項です。


今回は個人店が広告費が無駄な理由とコンテンツマーケの実践法、

そして情報発信のメリットについて書いていきます。

○目次
・掲載サイトに広告費を払っても客は来ない。
・具体的なコンテンツ発信のやり方
・ネットでは価格競争した瞬間負け。



掲載サイトに広告費を払っても客は来ない。

○掲載の仕組み


ホットペッパーや、ぐるなびなどの課金制の掲載サイトの広告の仕組みは

上の図のような仕組みです。


多くのお金を払ったものが上位に掲載されるシステム


ここで例えば、150円払う人が現れればもちろんその人が上位の広告枠をとり、

以下の広告主の順位が下がっていきます。



○大手が一人勝ちするのが掲載サイト


大手に勝とうと思ったら、大手以上に広告費を支払わなければなりません。


全国展開のグループ店にです。


5~6年前であれば、これに勝つ手段はありませんでした。
しかし現在は違います。
SNSの発達により、
誰でも拡散力のあるメディアを持つことが出来るようになりました。


例えばこれは僕のツイートですが、10リツイートされました。(フォロワー50人)



このように、たとえフォロワーが少なかったとしても、情報が有益であれば、拡散されていきます。

ここに注目して行うマーケティング手法が

コンテンツマーケティングとか、クオリティマーケティングとかって言われたりします。




具体的なコンテンツ発信のやり方



ココまで読んで、「おっしゃ~、俺も商品をSNSに載せて宣伝するぞ~。」

と思った方、絶対NGです。


人は「宣伝」と分かった瞬間に興ざめします。
みんな「○○公式」みたいなアカウントを作りたがるんですけど、
そういう場合たいてい失敗します。


色々なやり方があると思いますが、

コンテンツマーケティング全体で共通するのは


「商品を売りたいなら商品を売るな。」


と言うことです。





①ターゲットにとって有益な情報を発信する。


まずはターゲットの生活から問題を想定します。


美容室なら、「お客さまからいただく悩み」はとてもいい情報収集になると思います。


そこから提案や解決をSNSで発信していきます。

※ここで商品を押すのもナンセンス。あくまで有益な情報を与えることに専念する。


(例)

「美容室」:髪の手入れの仕方や、髪質別におすすめのシャンプー紹介。

「飲食店」:料理の作り方、アレンジ

「エステ」:自分で出来る美容法


などなど、ターゲットの問題を解決するような情報を発信する。



②個人の偏見溢れるメディアで差別化

主観無きメディアなどこの世に存在しませんが、

ぐぐった情報をただコピペするようでは、あなたである必要がありません。


「それはまるで、ジャンクフードのようなもの」

東京でも大阪でもマックは同じ味ですよね。


そんなものになってはいけませんよ。


あなたの考えも余すことなく織り込んでください。


「○○公式」なんて作る必要は全くありません。
あなたの思いを発信すれば、あなたの共感者が自然と集まってきて、
それがブランディングになり、大手に負けない個性になります。




具体的な手順は以上となります。




「え?いつ商品は売れるの?と思いましたか?」

ある程度拡散力がついてきたら、解決案と共に商品をそっと提示しましょう。

きっとその頃には顧客も聞く耳を持ち、あなたのおすすめを受け入れるでしょう。


問題⇒解決⇒行動



この「行動」が自分の商品と結びつくことを意識しましょう。




ネットでは価格競争した瞬間負け。

○ネットに出た瞬間「場所」という制約が無くなる


商品を探すとき同じような商品だったら、皆さんはもちろん安い方を選ぶと思います。


もしこの「情報発信」をしないと、あなたの商品とB社の商品は同じになり、


上の図のような負のスパイラルにはまります


「ブランド設立に絶対必要なブランディングのすべて」



○情報発信のメリット


情報発信は確かに時間のかかるものだし、すでにこの記事を書くのに5時間かかっているし、、、

ですがそれ以上のメリットがあります。 ・他人と差別化できる ・同じような価値観の人が自然と集まる。


です。

差別化に関しては今まで話したとおりです。


後者については最近思ったのですが、

投稿したツイートに共感のコメントをいただけるようになってすごくやりやすさを感じています。



時間はかかるし始めの方は、

「誰も見てない中やるショー」

みたいな恥ずかしさはあると思いますが、


皆さんも是非

コロナで自宅待機の皆さん、情報発信を始めてみてはいかがでしょうか?

この機会だからこそコンテンツを積み上げる最高の時間だと思います


では今日はこのへんで。

最後まで読んで頂きありがとうございます!!!