• 松下

ECサイトはBASEが最強な理由[3つ]




自分で商品を製作して販売したい人


「洋服やアクセを売りたいけど、どのECサイトが一番いいか分からない。」


「結局ECサイトってどこがおすすめなの?」






こんな疑問に答えます。

趣味レベル~副業~法人初期の方にぴったりの記事です。



こんにちは松下です。


BASEでバッグを売ったり洋服を販売したりしています。

今回の記事をまとめるとこんな感じです。


僕自身色んなECサイトに登録して試してみましたが、結局BASEが一番だと断言できます

月商100万以内のショップであれば、商品の種類を問わずBASE一択です。


簡単に作れて、基本装備無料。そしてなによりインスタショップ無料。

という、正直ファッションだけに限らず現代の物売り全部に共通して最適なプラットフォームです。



とはいえ、集客機能はないので出品しただけで売れるというチート武器でもありません。


集客機能はないのだけれど、実際必要ない。 その理由も含めて話していきます。


この記事は何年前かの自分に向けて、
「こんな記事があったらもっと近道できたのに」
という感じで体験を元に書いていきます。




Twitterのアカウントを作るレベルで簡単に作れる。

ほんまに簡単。


ググれば方法は腐るほど出てくるのでやり方は割愛しますけど。



参考サイト(BASEの開設方法とその手順)



登録料、月額料金は全て無料!

登録料や月額料金は一切かかりません。

無料でBASEに自分のショップを作り、商品を出品できます。

⇒手軽に始められる。

ECサイト(SHOPIFYやStore.jp)は月額料金がかかる。
解約したり色々面倒。


○手数料は3.6%+40円


BASEで商品が売れたときのみ費用が発生します。


もうこれだけでも、もうBASEしかないなって感じのサービス内容です。



ただ、”お手軽”ということを”凡庸”なものと一緒にして


「それじゃあ他ショップと変わらないじゃないか」


思わないでください。





基本装備(顧客管理、決済方法)が万能すぎる。
・クレジットカード決済
・コンビニ決済
・PAY-EASY
・銀行振り込み
・後払い
・キャリア決済


これだけの決済機能が申請直後に開通して一瞬で使えるようになります。(笑)

ショップ側にとっては一番の不安要素である決済システムを無料で導入できるんです。

正直意味不明なくらい最強なサービスです。




○顧客とのトラブルも防げる


ショップと顧客との間にBASEが入っているので、

”入金漏れ”や”不正”など、顧客とのトラブルを防ぐことが出来ます。



顧客情報の管理もBASEのアプリで見れるようになっているので、

注文書やなんやの発行も簡単に出来ます。




○BASEの決済システムはマジで異常

少し余談になりますが、

BASEは開発当初から、決済システムに相当なこだわりを持っていました。


「個人がショップ開設するには、決済が簡単でなければ絶対に成立しない。」


その結果子会社に決済事業の会社を作ることでBASE独自の決済システムを導入しています。
これが無ければBASE自体生まれていなかったかもしれないとの事。


だから決済の申請をするとまじで秒で開通します。



インスタショップに接続できる

WEB検索⇒SNS流入に切り替わってきている現在で最適な形。


正直、これが一番大きな理由です。


皆さんはZOZOやBASEを見ている時間とインスタグラムを見る時間、どちらが長いでしょうか?


圧倒的にインスタグラムだと思います。



そしてもはやインスタは、SNS上におけるWEBページのようなものと化しています。


こういったことから、
インスタから直接購入することが出来るのは必須条件です。ECサイトによってはインスタショップに接続できないものもあります。


○一番有効な販売方法は確実にインスタショップ


理由は簡単で、ユーザーの滞在時間が長いから。


これからますますインスタショップからの購入が主流になっていきます。


なのでこれからのECサイトの立場は

決済の役割がもっと強くなるので、そうなるとやっぱり独自決済のあるBASEが強い。





BASE自体に集客機能はない。があんまり関係ない。

SHOPIFYやSTORE.jpは課金制の代わりに若干の広告機能があります。

どの広告も仕組みは上の図のようなもの。


この仕組みでは


「より多くの人に認知させる為には、より高い広告費を払わなくてはなりません。」


しかし仮に、多くの経費を使って上位に広告を表示させるのであれば、
先ほども言ったように、インスタグラムの方が圧倒的にユーザーの滞在時間が長いのでインスタで広告を打つほうが断然マシです。



なのでBASE自体に広告機能があろうが無かろうが実際あまり関係ありません。





以上の理由から、ECサイトはBASEが最強です。

BASE以外を使う理由が見当たりません。

売上が大きくなってきて、3.6%の手数料が中々大きな痛手になってきた。という事業者だけ、、







○どうしても差別化したいならLP(ランディングページ)を作るべき。


(LPとは:ホームページの一番最初のページのこと。)

本来はインスタの投稿で差別化、ブランディングするのが一番コスパのいいやり方


ただ、

「それだけではどうしても似たり寄ったりなインスタにながち」

「他のところで差別化したい」

という方におすすめなのがLPです。



僕の大好きなマメのLPはこんな感じ。[mame kurogouchi]



LPを作ればWEBからの流入も期待できますし、

インスタのプロフィール欄に一つだけリンクを貼れば独自の世界観を出すことが出来ます。






今日はこのあたりで終わりにします。

それではみなさん、良いECショップらいふを!